コンタクトレンズの種類と特徴

現代人の中には視力が悪い方は少なくありません。例えばパソコンのブルーライトにより目に負担をかけたり、室内の暗い場所でスマートフォンを楽しむことで目に負担をかけます。日常生活の中で液晶を見る機会が多く、パソコンだけでなくスマートフォン、タブレット、パソコンなど数えればきりがありません。このような電子機器によって生活の利便性が向上しましたが、視力が低下した方も少なくないでしょう。

視力が悪い方をサポートするのが眼鏡やコンタクトレンズになります。特にコンタクトレンズは老若男女様々な世代の方が使用し、生活の中に取り入れています。コンタクトレンズは市販だけでなく、通販でも購入が可能となっているので購入しやすいでしょう。また、種類に関しても豊富にあります。購入を検討し情報を収集している方の中にはどのようなタイプが自分に相応しいのか迷われている方も少なくありません。まずはコンタクトレンズの種類について見てみましょう。

コンタクトレンズの種類は使用期間で分類できます。例えば1Day、2Week、1Monthです。

1Dayタイプは使い捨てで使用するコンタクトレンズです。使い捨ては長期的に見れば費用が高くなりますが、毎日取替えるため、清潔です。また、1Dayの多くは水分をたっぷりと含んだものが多く流通しています。そのため、乾燥しにくくドライアイなどで悩まれている方でも比較的取り入れやすいでしょう。ケアレスなため、ケアにかかる手間が必要なく、通販で扱っている1Dayの種類は豊富です。様々な有名コンタクトメーカーを取り扱っているところが多く、自分の好みに合わせて購入が可能です。更に比較的安いものでも問題なく使用できます。1Dayタイプは初心者がコンタクトレンズを試すために使用したり、生活の大半は眼鏡で過ごすが、旅行などの外出時やスポーツをする時に眼鏡ではなくコンタクトレンズを使用する方が選ぶと生活に取り入れやすいのではないでしょうか。

2Weekタイプは二週間使用できるタイプです。そのため、2Weekタイプを選択すれば一定期間同じレンズを使用することが可能です。値段に関しても長期的に見れば安くなります。

1Monthはその名の通り一ヶ月使用できるタイプのコンタクトレンズです。ケアが必要になりますが、2Weekと同様に長期的に見ればお得です。

このようにコンタクトレンズには様々な種類がありますが、今回はケアの方法や2Weekのメリットについて紹介します。

新着情報

2017年02月17日
ホームページを更新しました。