コンタクトレンズのケア方法

コンタクトレンズを購入する方で2Weekや1Monthなどを選ばれる方は定期的にケアが必要です。衛生面が低下すれば身体に悪影響を及ぼします。コンタクトレンズの汚れは涙が原因で引き起こります。そもそも涙にはタンパク質やカルシウムなどの成分が含まれており、その成分が汚れとなりレンズに付着します。ソフトレンズであれば内側にまでその汚れが到達し、衛生的に使用することは困難です。

また、外出をした時に少しコンタクトがズレて自分の手で直したりすることもありますが、その際にも手の汚れがレンズに移り、汚れの原因になります。更にタバコの煙は有害物質を多く含んでいますので、そのような物質が汚れの原因になることも珍しくありません。

ハードコンタクトを使用している方はこすり洗い洗浄、つけおき洗浄をするのが一般的です。こすり洗い洗浄では手の平にレンズをのせて洗浄を行います。つけおき洗浄ではレンズを保存してる時に汚れの分解や除去をしてくれます。

ソフトコンタクトレンズのケアは洗浄や保存に加えて消毒が必要です。その理由はカビや菌がハードコンタクトレンズに比べて繁殖しやすいからです。適切なケア方法で清潔に装用することを心がけましょう。